CHUWI MiniBookの厚みが気になる!弱点は今やそこだけ CHUWI MiniBook次世代モデルの発表に期待 そう遠くないかも?

スポンサーリンク

CHUWI MiniBookが気になります。デザインそのものは自分の好みです。

One Mix 3sをポチる前に 8インチ液晶UMPのライバルを調べてみた! CHUWI MiniBook 「最も競争力のある価格を持つ」価格は550ドル以下?
価格の高騰が続く中国製UMPですが、主流は液晶サイズが8インチ超へとシフトしています。その中でもすっかりOne Mix 3sのブラックボディーに一目惚れした自分ですが、他サイトやツイッターを拝見していると、MiniBookの名前をよく見か...

クラウドファンディング中にどんどんスペックアップしていき、当初は筐体デザインと価格だけが魅力でしたが、CHUWI MiniBookはスペック上でもOne Mix 3sやGPD P2 MAXに追いつきました。

CHUWI MiniBookが熱すぎる! メモリ倍増16GBオプション10ドル(今は35ドル)とPCIe接続SSD512GBモデルが599ドルで手に入る!
先日、クラウドファンディングを開始したCHUWI MiniBookですが、出資額はすこぶる順調のようです。2019年6月27日現在で1395%!その勢いもあって、クラウドファンディング開始からさまざまなオプションが...

そんなCHUWI MiniBookでしたが、自分的に感じていた2つの弱点がありました。

スポンサーリンク

1つ目の弱点 スタイラスペンには非対応だった

1つ目の弱点は、スタイラスペンには非対応だった点です。

8インチ液晶&m3-8100Y&SSD512GB&メモリ16GBでCHUWI MiniBookはOne Mix 3sとGPD P2 MAXのスペックとほぼ同じに!3機種それぞれの魅力と残念な点
CHUWI MiniBookのクラウドファンディングが開始されておよそ2週間が過ぎました。まだ1ヵ月以上クラウドファンディングは続きますが、当初は、スペックを抑えて低価格に設定していたCHUWI MiniBookですが、クラウドファンディ...

360度液晶回転タブレットモードに対応しているのに、スタイラスペンに対応していないのはもったいない感じでした。

360度液晶回転タブレットモード

スタイラスペンがなければタブレットモードにしてもあまり意味がないのでは?と自分的には思います。逆にスタイラスペンに対応していても、360度液晶回転タブレットモードに非対応なのは、もっともったいないと思っています。

One Mix 3s vs 最大のライバル GPD P2 MAX! スペックとデザインと価格の違い 液晶サイズ8インチ超ウルトラモバイルPC最終対決
One Mix 3を飛び越えてOne Mix 3sがJD.comで予約販売開始されています。このブラックの筐体に一目惚れした自分は、他のライバル8インチ超の液晶搭載UMP(ウルトラモバイルPC)を調べてきました。...

ところがクラウドファンディング終盤、ついにスタイラスペンに対応

ところがクラウドファンディング中にスペックアップを続けてきたCHUWI MiniBookは、NVMe(PCIe)接続のSSD搭載に始まり、メモリ倍増16GBと、他のライバル機種のスペックに追いつき、ついにはスタイラスペンにも対応しました。

CHUWI MiniBookがスタイラスペン対応でついに死角なし? 8インチ液晶搭載UMPライバル対決 クラウドファンディング中に成長し続けたCHUWI MiniBook
CHUWI MiniBookがついにスタイラスペン対応になりました(確定ではないですが、ほぼ)。8インチ液晶搭載UMPライバルの中で唯一スタイラスペンに対応していなかったCHUWI MiniBook以前、8インチ液...

初めから全部対応していたら、もっとよかったのですが(笑)。

CHUWI MiniBookの残る弱点は筐体の厚み

自分的に感じていたCHUWI MiniBookの弱点の一つは解決されました。残るは一つ。

そうなんです。コンパクトに見える筐体デザインですが、厚みだけは結構あるんです。

カタログ上の筐体スペックは「201 x 128 x 19 mm」です。

スペック上は19mmとなっていますが、19mmって結構なサイズなんです。

横から見ると19mmの厚みが気になる

厚み19mmはどのくらいの厚さなのか

厚さ19mmは、自分の手元にあるなかで一番近いサイズがOne Mix 3シリーズの純正レザーケースです。

One Mix 3シリーズのケースが2種類到着した! Amazonで見つけた3シリーズ専用収納レザーケースは人気殺到&現状は手に入れにくいので早めにご注文を!
One Mix 3sが我が家に到着して早や2週間が過ぎました。One Mix 3s本体が届く前に、液晶保護フィルムとケースを購入しました。液晶保護フィルムはすぐに届いたのですが、ケースは本体より後に届きました。今回...

純正レザーケースは厚さ20mm程度です。以前こちらのケースを紹介したことがありますが、One Mix 3sにジャストフィットなんですが結構厚みがあります。

One Mix3シリーズ純正ケースは厚みがほぼ29mm

One Mix 3シリーズの厚みがおよそ15mmですから、ほぼ1.3倍になります。

実際にサイズを並べてみると

実際にサイズを比べてみました。

まずは仮想CHUWI MiniBookであるOne Mix 3シリーズ純正ケースとOne Mix 2sの比較からです。ちなみに2sは厚さ17mmです。

One Mix 2sと比べてもかなりの厚みがある

続いて厚さおよそ15mm(カタログ値14.9mm)のOne Mix 3sとの比較です。

比較するとOne Mix 3シリーズが非常にスリムに見える

いかがでしょうか。設置面積でいえば非常にコンパクトに見えるCHUWI MiniBookですが、かなり厚みがありそうです。

こちらは「ITmedia PC USER」さんのサイトです。

キーボードの使い勝手はどれだけ変わる? CHUWIの8型超小型PC「MiniBook」を試す
7型〜8型クラスの液晶ディスプレイを搭載した、超小型PCの選択肢が増えている。本特集ではそれらの使い勝手を細かく見ていく。お気に入りの1台を見つける一助としてほしい。

ご覧になっていただくとお判りになると思いますが、やはり実機を拝見しても筐体の厚みが気になります。

ただ、CHUWI MiniBookはまだ初代です。今後次世代モデルでは、この辺りを改良をしたスリムな機種を販売してくることに期待しています。

クラウドファンディング終了とともに何か動きがありそう

もちろんこれは自分の予感(願望)でしかありません。

ただクラウドファンディング中にあれだけスペックアップしたCHUWI MiniBookですから、まだまだ余力はあると思います。

追記:日本のクラウドファンディングサイト「MAKUAKE」でもクラウドファンディングを開始するそうですね。下記はプロモーションサイトになっています。登録すると最大25%オフになるチャンスです。

CHUWI MiniBook

次世代モデルCHUWI MiniBook 2は、その筐体サイズのスリム化と、バッテリーの持続時間を伸ばして欲しいです。

そうなると、Intel第10世代モバイルプロセッサ(Ice Lake)搭載の次世代モデルOne Mix 4に対抗できる、唯一の存在になれる気がします。CHUWI社はそれが実現できる技術と資金力があると(自分的にですが)思っています。

もしかするとCHUWI MiniBook 2も同様にIntelモバイルプロセッサ第10世代(Ice Lake)搭載マシンになるかもしれません。

CHUWI のこれからの動きに目が離せません。

スポンサーリンク
UMPC
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました