オメガ3脂肪酸を毎日摂取で脳の活性化! クリルオイル 極上クリル

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オメガ3脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とは、えごま油に代表される植物油に多く含まれるαリノレン酸、青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸のことです。

(えごま油)

オメガ3脂肪酸は、体内で合成することができない必須脂肪酸で、健康維持に必要な栄養素として積極的に毎日摂取する必要があります。

多くの日本人はオメガ3脂肪酸が不足している?

昔の日本人は青魚を多く食べる食生活でしたから、オメガ3脂肪酸は、食事で十分な摂取をしていました。ただ食生活の変化により、オメガ3脂肪酸を多く含む食品をあまり摂取しなくなり、特に20〜40歳台での摂取不足が目立ちます。

EPAとDHA効果の違い

オメガ3脂肪酸の中のひとつEPAは、血液を健康に保ち、血液をサラサラにする効果があります。特に、血栓ができにくくなったり、高脂血症の予防に効果があります。ですから動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞といったリスク発症の予防に効果があると言われています。

オメガ3脂肪酸を多く含むクリルオイル 血液サラサラ 美肌効果に! 極上クリル
オメガ3脂肪酸の主な成分の一つ、EPA(エイコサペンタエン酸)先日、オメガ3脂肪酸を多く含むクリルオイルを紹介しました。今回は、オメガ3脂肪酸の主な成分であるαリノレン酸、EPA、DHAのうち、血液サラサラ・美肌に効果があるEP...

一方のDHAは、脳への情報伝達に欠かせない成分の原料で、脳を活性化したり、処理能力や集中力、判断力を高めるとも言われています。昔から魚を食べると頭が良くなると言われていたのはこういった効果が期待されていたからです(昔は根拠はなかったと思いますが)。

 

整理すると、EPAは血液サラサラ効果、美容系にも効果があり、DHAは主に脳の活性化に効果があります。

今回はDHAの脳への効果についての話です。

DHAは脳内情報の伝達に大きく影響する

DHAは脳の伝達をつかさどるシナプスと多いに関係します。

DHAは、脳のニューロンという神経細胞の突起の先端部分のシナプスで神経細胞を活性化して情報の伝達をスムーズにし、学習能力や記憶力を高めています。脳の神経細胞は20歳をピークに、年齢とともに死滅していき、神経細胞を伝達をサポートするDHAも減っていきます。そこでDHAを積極的に摂取することによって、脳内のDHAが若い頃と同じレベルにまで回復すると、脳の老化を抑制します。
またDHAは脳神経の機能を正常に保ち、脳の病気や思考を健常化させる働きがあり、うつ病にも効果があります。逆にDHAが不足すると、うつの症状が発生します。日常からDHAを摂取することで、うつ病のリスクを低下させることができます。

オメガ3脂肪酸を多く含むサプリ クリルオイル

オメガ3脂肪酸を多く含むサプリとしてはフィッシュオイルが有名ですが、南極の美しい海に生息する動物プランクトンであるオキアミから摂れるクリルオイルは、水に溶けやすく体内に吸収しやすいため、フィッシュオイルよりオメガ3脂肪酸をたくさん摂取することができます。またフィッシュオイルと違い、水に溶けやすいのでフィッシュオイル独特のにおいも気になりません。
クリルオイルについてはこちらをどうぞ。

クリルオイルって知ってます?コレステロールが気になる方に 極上クリル
南極でとれる動物プランクトンからとれるオイルクリルオイルって聞いた事ありますか?あんまりメジャーじゃないんですが、南極で取れる動物プランクトンの一種で、そのオキアミから抽出されるオイルの事です。クリルオイルの効能は?クリルオ...

今回は、オメガ3脂肪酸を多く含み、フィッシュオイルより体内に吸収しやすいクリルオイルと脳の活性化について紹介しました。

僕は寝る前にこちらの「極上クリル」を毎日4粒寝る前に摂取しています。みなさんも脳を活性化させて、気持ちから若返りませんか?

 

スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました