クリルオイルって知ってます?EPA・DPAの含有量が48倍!コレステロールが気になる方にオススメ 極上クリル

クリルオイルって聞いた事ありますか?

あまりメジャーではないのですが、南極で取れる動物プランクトンの一種で、そのオキアミから抽出されるフィッシュオイルの事です。

スポンサーリンク

南極のオキアミから抽出されるクリルオイルの効能は?

南極のオキアミから抽出される次世代フィッシュオイルであるクリルオイルの効能は、さまざまです。

血流を良くし、生活習慣病の予防から脳の活性化に良いとされています。

青魚に多く含まれるEPA・DHA(こちらはよくご存知の方も多いと思いますが)の含有量がクリルオイルはなんと48倍もあるという報告もあります。

脳の活性化! オメガ3脂肪酸を毎日摂取で可能になるフィッシュオイルの48倍含有クリルオイル 極上クリル
オメガ3脂肪酸とはオメガ3脂肪酸とは、えごま油に代表される植物油に多く含まれるαリノレン酸、青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ド...
スポンサーリンク

さらに青魚の10倍から15倍の吸収率

また青魚のフィッシュオイルに比べて体内に吸収されやすく、クリルオイルは青魚の吸収率の10倍から15倍という報告もあります。

青魚のフィッシュオイルは水に溶けにくいのですが、クリルオイルは水に溶けやすいというのがその理由のです。

また、青魚に含まれるフィッシュオイルよりも含有量でおよそ48倍、吸収率が10〜15%も上昇しているクリルオイルですから、コレステロール・悪玉LDLコレステロール・中性脂肪は下がるという研究結果もあります。

さらには、その一方で善玉HDLコレステロールは上昇するという結果も見られますから、いいところずくめです。

自分はこれを知って飲み始めるようになりました。

スポンサーリンク

クリルオイルは女性の悩みも改善

その他、クリルオイルに含まれているリン脂質やDHA、EPAなどのオメガ3脂肪酸には、気分の落ち込みやイライラといった症状が起こるPMS(月経前症候群)を緩和する作用があります

また、不安感やほてりなどの症状が起こる更年期障害を緩和する作用もあります。

青魚のフィッシュオイルの48倍の含有量と吸収率10〜15%の吸収率ですから、オメガ3脂肪酸の次世代のフィッシュオイルがクリルオイルとなっています。

スポンサーリンク

EPA・DHAのオメガ3脂肪酸を摂取するために毎日サンマ2匹食べれますか?

厚生労働省はEPA・DHAのオメガ3脂肪酸を一日当たり1g以上摂取を推奨しているそうです。これはサンマ2尾に当たるそうです。

毎日サンマ2尾食べれますか?まあ、中には食べれる人もいるでしょうけど。。

スポンサーリンク

健康・美容・アンチエイジングに最適!

南極のオキアミから抽出される次世代フィッシュオイルであるクリルオイルは、健康・美容・アンチエイジングを考えてる人におすすめします。

実際自分も体調を崩してた時期から考えると、体調も改善傾向にあります。

血液サラサラ 美肌効果に! オメガ3脂肪酸をがフィッシュオイルの48倍含むクリルオイル! 極上クリル
オメガ3脂肪酸の主な成分の一つ、EPA(エイコサペンタエン酸)先日、オメガ3脂肪酸を多く含むクリルオイルを紹介しました。今回は、オ...

自分が摂取している「極上クリル」は、粒がめっちゃ赤いです!身体にめっちゃ効きそうな赤色です!

極上クリルは真っ赤で効果あり

みなさんも是非お試し下さい。

ちなみにクリルオイルは肝臓にも効き目があるそうです。

スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました