アルギニンとシトルリンの相乗効果でアンチエイジング 女性にも男性にも効果抜群! L-アルギニン5000プラス

アルギニンとシトルリンはいずれもオルニチン回路の一つとして、互いに相乗効果を生み出して、カラダにいいことづくめの栄養素です。

アルギニンとシトルリンの相乗効果で、女性にとっても男性にとってもアンチエイジングを実現することが可能となります。

スポンサーリンク

アミノ酸の一種アルギニンとは

アルギニンとは、天然に存在するアミノ酸の一種です。体内で生成することができる非必須アミノ酸の一つです。

ですが、体内で生成できる量は少なく、食事やサプリで摂取する必要がる栄養素です。

また、年齢とともに生成される量は減少し、40代を過ぎると10代の半分程度になります。

スポンサーリンク

アルギニンは血管の機能を改善し正常に保つ

アルギニンは、オルニチン回路の一つとして、アンモニアの解毒に関わっています。

アンモニアの解毒の際に、アルギニンから一酸化窒素が発生します。

一酸化窒素は血管を拡げる作用があり、その結果、血流が改善されます。

オルニチンとは、シジミにも多く含まれていて、肝臓の働きを助けます。

スポンサーリンク

シトルリンとアルギニンの相乗効果とは

シトルリンとは、やはりオルニチン回路の一つで、体内でシトルリンが増加するとアルギニンが増え、その結果、一酸化窒素の体内濃度が高まります。

アルギニンもまた、体内でシトルリンに変換され、一酸化窒素の生成に大いな役割を担っています。

お互いに変換される相乗効果で、一酸化炭素が大量に生成されます。

スポンサーリンク

女性にとってのアンチエイジング

またシトルリンには抗酸化作用があり、「美肌」をもたらす「紫外線からの保護」「天然保湿因子」「コラーゲンの保護」「保湿作用」といったアンチエイジングを実現します。

我々人間は、酸素を取り入れて、エネルギーをつくりますが、その過程で一部の酸素が酸化力の強い活性酸素に変化します。

この活性酸素が増え過ぎると、血管や細胞を傷つけ、体の内側を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし、さまざまな生活習慣病の原因となります。

活性酸素を抑える働き、すなわち抗酸化作用がアンチエイジングには必須となります。

抗酸化作用にアルギニンとシトルリン

また、血流がよくなることにより、新陳代謝が促進され、細胞が活性化し、いわゆる老化を最大限に防ぎ、若々しい肌を保つことができます。

スポンサーリンク

男性にとってのアンチエイジング

一方で男性にとっては、いわゆる精力剤としてアルギニンが有名です。

アルギニンを摂ると質の良い睡眠をとることができ、睡眠中にはバランス的にもホルモンの量が増えるために、細胞の修復や再生を効率良く行うことができるようになります。

ドラッグストアに行くと、男性の精力剤としてアルギニンの名前を見ることが多いと思います。血流がよくなることにより、男性のある部分に効果があります。

男性力を取り戻すアルギニンとシトルリン

男女問わず、不妊症改善の効果が期待されます。

スポンサーリンク

ドクターズチョイス Lアルギニン5000プラス

自分は、「ドクターズチョイス Lアルギニン5000プラス」を飲用しています。

以下、Amazonからの引用です。

ドクターズチョイス Lアルギニン5000プラスのアルギニンはクエン酸で安全に中和されているので1日3袋まででしたら安心してお飲みいただけます。
筋トレをしている方は筋トレ前にLアルギニン5000プラスを1袋(アルギニン5000mg)、筋トレ後にLアルギニン5000プラスをさらに1袋(アルギニン5000mg)の2袋(合計アルギニンを10000mg)摂取してもOKです。
ドクターズチョイス Lアルギニン5000プラスを水に溶かして飲む際、水の量はお好みで調整していただいてOKです。袋の中のアルギニンが溶けて飲みやすい状態であればOKです。(水に溶かさず直接粉を飲むとアルギニンのパウダーが喉に詰まる事がありますので水に溶かして飲むことをお勧めします)
ドクターズチョイス Lアルギニン5000プラスのおすすめの飲むタイミングは夜寝る前です。

自分は寝る前ではなくて朝起きた時に、オレンジジュースのような感じで毎日飲んでいます。

いわゆるアンチエイジングの効果には実感しています。

男女問わずアンチエイジングに効果のあるLアルギニン、試してはいかかでしょうか。

男性も女性も、アルギニンのパワーで、アンチエイジングしてみませんか?老け込むのはまだまだ先ですよ。

スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言をフォローする
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました