Googleアドセンスでやってはいけないポリシー違反とセーフな事を解説!

先日、アドセンス1クリック4桁の記事を投稿しました。画像は、PV数や見積もり金額等はぼかしを入れて分からないようにしているのですが、これってポリシー違反なんでしょうか?

自分なりに調べてみました。

目次

PV数や収益額はPhotoShopでぼかしを入れて投稿してきた

過去にもアドセンス関係で、画像をスクリーンショットやキャプチャした画像に、PV数や収益額、ページ RPMなどの部分には、PhotoShopでぼかしを入れて投稿してきました。

これってポリシー違反なんでしょうか。ちなみに当サイトはまだ一度もGoogleから警告のメールを受け取っていません。

「クリックスルー率その他の統計」はアウト

Adsenseオンライン規約からの引用です。

11.秘密保持
お客様は、当社の事前の書面による承諾なく Google 機密情報を開示しないことに合意するものとします。「Google 機密情報」には、(a)本サービスに関連する一切の Google のソフトウェア、技術および文書、(b)本サービスとの関係において広告媒体の実績に関連したクリックスルー率その他の統計、(c)本サービスにおける非公開のベータ版機能または体験版機能の存在、それに関する情報、またはその規約ならびに(d)Google により提供されるその他の情報であって、機密であると指定されるか、それが提示される状況において通常機密とみなされるものが含まれます。Google 機密情報には、お客様による本サービスの利用より前にお客様にとって既知であった情報、お客様の責によらず公知となった情報、お客様が独自に開発した情報、または第三者によりお客様に適法に与えられた情報は、含まれないものとします。本第 11 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。

AdSense オンライン利用規約

クリックスルー率とはCTR、表示された広告がクリックされた割合のことです。

クリック率とは
表示された広告がクリックされた頻度を示す割合です。キーワードや広告の成果を判断するのに役立ちます。
クリック率は、広告のクリック数を表示回数で割った値です。クリック数 ÷ 表示回数 = クリック率(CTR)の式で表され、たとえば表示回数が 100 回でクリック数が 5 回の場合、クリック率は 5% となります。
広告とキーワードのクリック率はそれぞれ個別に算出され、アカウントで確認できます。


クリック率とは – Google 広告 ヘルプ – Google Support

すなわち、クリック率が計算できる、広告の表示回数とクリック数が分かるような記述はダメで、片方のみであれば問題はないと考えられます。前回の記事では、クリック数のみわかるようにしているため、先ほどの「秘密保持」には当たらないことになります。

ただ、Google ポリシーチームの方もおっしゃっていますが、一つの数字ではなくてサイトのページ全体としてポリシー違反かどうかを判断しておられるようです。

違反例とポリシー対応方法- これであなたもポリシーマスター

Google ポリシーチームによる、解説の動画も拝見しました。ちょっと古い動画ですが、一度ご覧ください。

内容はしっかり見ましたが、アダルトに関することや、明らかにあかんやろーってことに関する言及だけでしたので、Google関係の画像に関することには参考になりませんでした。

ただ先ほども述べた通り、1枚の画像(ここでは1つの数字)だけでアウトになるのではなく、ページ全体として問題があればポリシー違反となるようです。

ポリシー違反のメールが来て72時間以内に修正すると大丈夫

サイトを検索していると、ポリシー違反があった場合はメールで通知が来るそうです。そして、具体的にどの記事のどの部分がポリシー違反なのか指摘されるそうです。そして、72時間以内に修正をすると大丈夫なようです。

ですから、アドセンス ポリシーチームからのメールが迷惑メールに分類されてしまっていたら大変ですね。Gmailの迷惑メールフィルタは強力なのでご注意を。

また、Google Adsenseのページから「アカウント」「ポリシーセンター」からも確認できます。

ポリシー違反は見つかりませんでした。

アドセンスからの支払総額は正確であれば開示することができる

先ほどの「Adsense オンライン利用規約」の一部抜粋です。

本第 11 条にかかわらず、お客様は、自らによる本サービスの利用によりもたらされた Google による支払総額を正確に開示することができます。


AdSense オンライン利用規約

そうです。確定収益額は、正確な数字であれば開示できるとのことです。まあ、開示するつもりはまだまだありませんが。

結局ポリシー違反かどうかはAdsenseポリシーチームの判断にゆだねるしかない

見解はいろいろありますが、「ポリシー違反 Adsense画像」で検索した結果、警告または停止された方はいらっしゃらなかったようなので、しばらく注意しながら様子見をしていきたいと思います。万が一、警告を受け取った場合は当サイトでまたご報告いたします。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる