GPD社、第3のファミリー、GPD MicroPC がgeekbuyingで販売開始!エンジニア向けの独自路線で新規分野を開拓!

GPD Pocket 2の次世代モデル、8.9インチ液晶搭載UMP?のGPD P2 MAXがクラウドファンディング中ですが、CHUWI MiniBookに押され気味で、GPD Pocketから始まったUMPのパイオニア、GPD社は苦戦を強いられて(おそらくですが)います。

情報がまだ噂段階のGPD WIN MAXの存在もありますが、独自路線で第3のGPDファミリー、GPD MicroPCがクラウドファンディングをすでに終了し、geekbuyingでの一般販売が開始されした。

目次

6インチ液晶搭載のGPD MicroPC

まずはGPD Pocket 2とのスペックの比較です。

GPD MicroPCGPD Pocket 2
OSWindows10 ProWindows10 Home
液晶サイズ6インチ7インチ
最大解像度1280×7201920×1200
アスペクト比16:916:10
CPUIntel Celeron N4100Intel Core m3-8100Y
GPUIntel UHD Graphics 600lntel HD Graphics  615
RAM8GB8GB
ストレージM.2 SSD 128GBeMMc 128GB
バッテリー容量6200mAh6800mAh
外形寸法153×113×23.5mm181×113×14mm
本体質量440g465g

何しろコンパクトで、持ち運びも全く苦にならないサイズです。厚さはありますが、6インチ液晶搭載ですから、幅がGPD Pocket 2と比べて28mmも小さくなっています。

また、メモリに関しては当初4GBでしたが、クラウドファンディング中に6GBに、さらに8GBへとアップグレードされたようです。

ポインティングディバイスは、右上にあるタッチパッドを利用してマウス操作、そして左上にある左右クリックボタンで操作します。

GPD MicroPC

なお、ディスプレイはタッチ操作非対応となっています。UMPだからこそタッチ操作に対応して欲しかったのですが、この点は残念です。

CPUはIntel Celeron N4100を採用

Celeron N4100と言えば、CHUWI MiniBookの廉価版と同じCPUですね。

Celeron N4100のスペックですが、PassMarkのアベレージは2324ということですから、m3-8100Yの3562よりは性能が落ちます。

「工具」として使えるGPD最小のプロフェッショナル向けポケットパソコン

いわゆる個人ユースというよりは、エンジニア・企業向けの製品コンセプトとなっています。

ですが、個人ユースとしても十分利用できそうです。自分がよく利用するシーン、PowerPointをプロジェクターに投影する目的だけであれば、むしろGPD Pocket 2よりも持ち運びに優れているように思います。

ストレージはM.2規格SSD搭載

GPD Pocket 2と比べて際立つのは、M.2規格SSD搭載という点ですね。

ただし、ベンチマーク速度を見る限り、PCIe接続ではなくSATA接続のようですね。

それでも十分なんですが、最近のUMPが揃ってPCIe接続SSDを搭載しているので、贅沢かもしれませんがちょっと物足りないですかね。

インターフェイズが凄すぎる

USB3.0が左側面に1つ、背面に2つ、さらにType-Cが1つ装備されています。また無線はもちろんのこと、UMPとして初めて有線LANポートも装備しています。あとRS-232ポートも背面にあります。もちろんフルサイズのHDMI 2.0も装備しています。インターフェイスに関しては、まるでフルサイズのノートパソコン並みですね。

インターフェイスが豊富!

有線LANポートは、あれば確かに便利ですね。無線LANでもいいですが、やはり通信速度が桁違いですからね。

有線LANポートも装備

一番のポイント!ストラップもとり付けることができる!

これ、欲しいです。One MixシリーズやGPD Pocektシリーズ、CHUWI MiniBookにも。ストラップがつけることができたら、持ち運び用のケースはなくてもいいような気がします。

持ち運び用ケースは不意の落下による損傷を防ぐためですから、ストラップがあればケースなしで裸で持ち運びが可能になりますね。

自分がGPD MicroPCに魅力を感じるのは、ストラップを付けることができる点が一番大きいですね。

UMPにストライプをつけたら最強

キーボードはタッチタイプするには難しそう

6インチ液晶サイズですから、さすがに両手でタッチタイピングは難しそうですね。

自分の小さな手でも難しそうです。

タッチタイピングは難しそう

ストラップを手首につけて、両親指でポチポチタイプする感じでしょうか。もちろん、スマホのフリック入力よりは入力しやすいと思いますが。

デントオンライン・Amazonでも販売中

GPDシリーズと言えば日本正規販売代理店デントオンラインさんですね。

デントオンライン(Three One)で購入すると、液晶保護シートやオリジナルストラップ、USB3.0対応リカバリディスクなどがセットとして付属しています。

調子が悪くなったとき、USB3.0対応リカバリディスクがあると、初期化は非常に簡単ですよ。

geekbuyingではクーポンコードの入力で403.99ドル

geekbuyingでは、クーポンコード3DYNBW2M403.99ドルとなるセールを実施中です。

GPD Pocekt 2やOne Mix 2sのようにワードやエクセルを使うにはちょっと厳しいですが、パワポを利用してプロジェクターに投影するような作業を頻繁にするような方にはおすすめです。超コンパクトで価格もお手頃で、魅了的なUMP(ウルトラモバイルPC)、それがGPDシリーズ第3のファミリー、GPD MicroPCです。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる