2019年11月21日 OneMix3 Pro発表会&予約販売開始!驚きの価格でgeekbuyingでも予約開始! ゲーム向け小型One-GX1も継続開発中

2019年11月21日、以前からお知らせのあったOne-Netbook社の新作発表会があり、「OneMix3 Pro」が正式に発表、さらに予約販売が開始されました。

https://long-valley-river.com/10964

やはり、「OneMix3 Pro」でした。ただ、いくつか新しい情報も入っています。

目次

早くもOne-Netbook日本公式ホームページで予約販売開始

発表会当日の2019年11月21日、さっそく予約販売開始となっています。

https://one-netbook.jp/landing/onemix3-pro/

Amazonでも販売開始のようですね。

やはり商品到着はクリスマス商戦をにらんでか、12月25日前後のようです。

下記のテーブルは、今回正式に発表された「OneMix3 Pro」と「One Mix 3s プラチナ」、「One Mix 3s」のスペックと価格の一覧です。スペックは以前発表された内容と変わりませんね。

OneMix3 ProOne Mix 3s プラチナOne Mix 3s
CPUCore i5-10210YCore i7-8500YCore m3-8100Y
本体色ブラックガンメタリックブラック
画像解像度2560 x 1600 2560 x 1600 2560 x 1600
液晶サイズ8.4インチ 8.4インチ 8.4インチ
メモリ16GB 16GB 16GB
ストレージ512GB 512GB 512GB
本体サイズ204 x 129 x 14.9mm 204 x 129 x 14.9mm 204 x 129 x 14.9mm
質量659g 659g 659g
バッテリー容量8600mAh 8600mAh 8600mAh
スタイラスペン4096段階 4096段階 4096段階
価格¥119,799(税別)¥144,600(税別)¥113,600(税別)

※価格は2019年11月21日現在(One-Netbookストア調べ)、いずれもスタイラスペンセット

なんと驚いたことに、「OneMix3 Pro」の価格は「One Mix 3 プラチナ」よりも25,000円ほど安く、One Mix 3sとは6,000円程度(税抜き価格)しか変わらない価格となっています!

お安い価格設定ですね。まあ10万円を超えていますのでお高いといえばお高いのですが。

UMPC初のIntelモバイルプロセッサ第10世代「Comet Lake」搭載「OneMix3 Pro」

geekbuyingからはまだ連絡はありませんが、いずれ「OneMix3 Pro」もgeekbuyingから発表されるでしょう、と執筆していたら連絡がありました。クーポンコードもいただきました。

クーポンコード「Mix3Pro」で$939.99となります。

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=226108

やはりgeekbuyingでも、「One Mix 3s Platinum」よりも「OneMix3 Pro」の方が安くなっています。すごくリーズナブルに感じてしまいます(笑)。

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=190966

ちょっと話はそれますが、「One Mix 3s」は、クーポンコード「GKB19BF60」で$798.99となっています。安くなりましたね。

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=211199

https://long-valley-river.com/6090

ただいま、「geekbuying」では「ブラックフライデー」セール開催中です。こちらについてはまた別記事で紹介いたします。

https://promotion.geekbuying.com/promotion/black_friday_sale?idev_id=1338&utm_source=affiliate.geekbuying.com&utm_medium=affiliate_1338&utm_campaign=1338

Intelモバイルプロセッサ第10世代「Comet Lake」搭載で性能は従来機と比較して15%アップ

Intelモバイルプロセッサ第10世代「Comet Lake」、「Core i5-10210Y」採用により、「熱効率」「バッテリー寿命」「スピード」で15%のアップと、大幅な性能の改善が見られるとのことです。

こちらのツイッターでは「約20%」となっていましたが、素晴らしいスペックになりますね。

https://long-valley-river.com/10653

UMPCのライバル各社からもIntel第10世代モバイルプロセッサ搭載の次世代モデルが間もなく登場するかもしれません。

https://long-valley-river.com/11764

やはり「OneMix3 Pro」でもLTE(4G)は見送り?

「One Mix 3s」や「One Mix 3sプラチナ」同様、メモリを16GBに増量したためにM.2ポートにLTE(4G)モジュールは挿入できないのでしょうね。LTE(4G)についての話題はありません。このあたりは非常に残念な点です。次世代モデル「One Mix 4」に期待ですね。

CPUは最新となり性能もアップしましたが、基本の筐体がOne Mix 3sと同様ですので仕方のない部分ですね。

https://long-valley-river.com/11438

https://long-valley-river.com/11250

「OneMix3 Pro」は日本語キーボードに対応

geekbuyingでは、「English Keyboard」と「Japanese Keyboard」の選択がありましたが、今回の日本での新作発表会では日本語キーボードのみの対応となっているようです。

geekbuyingではキーボードが選択できる

句読点や特殊キーと併用されている「ね」「る」「め」「れ」「け」あたりはキーピッチが小さくなるのは仕方がないですね。「む」と「ろ」も変な場所にあります。

「OneMix3 Pro」日本語キーボード

その他の日本語キーボードの変更点は、従来のOne Mixシリーズでは「A」の横は「Caps」キーでしたが、日本語キーボードでは「Tab」キーに変更されているようです。これはこれで便利そうですね。

ちゃんと「右シフトキー」もあり、さらには「半角・全角」キーもあり、ローマ字入力派には使いやすそうですね。ていうかこのキーボード欲しいです!

「GPD P2 MAX」や「CHUWI Minibook」の日本語キーボードは悲惨でしたからね。

https://long-valley-river.com/9806

https://long-valley-river.com/6713

「OneMix3 Pro」の 「Koi Edition」も

下記のサイトを拝見すると、「OneMix3 Pro」の「Koi Edition」もあるようです。思っていたよりもメタリックレッドでかっこいいですね。シャアカラーっぽくなっています。ただ天板の鯉のデザインは好き嫌いが分かれそうですが。

https://www.4gamer.net/games/999/G999902/20191121013/

日本での販売はまだ未定だそうです。

geekbuyingでも「OneMix3 Pro」の「Koi Edition」は見つかりませんでした。

https://affiliate.geekbuying.com/gkbaffiliate.php?id=1338&url=186624

ゲーム向け7インチ液晶搭載UMPC「One-GX1」も2020年度に

ゲーム向け7インチ液晶搭載「One-GX1」の開発も進んでいるそうです。

こちらはCPUに、まだIntel未発表のCPUである開発コードネーム「Tiger Lake」が搭載されるようです。

どのような性能になるのかはまだ分かりませんが、いよいよGPD社が独占してきたゲーム機用UMPC、GPD WIN 2(GPD WIN MAX)のライバルとして、新たに「One-Netbook社」vs「GPD社」が始まりそうですね。

よかったらシェアしてね!

関連コンテンツ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる