骨折した時はコラーゲンって知ってました?骨にとって、カルシウムがコンクリートでコラーゲンが鉄筋の役割をしている!

スポンサーリンク

昨年骨折したときに、友人から「骨折にはコラーゲンを取らないと」って骨折の先輩からアドバイスをいただきました。何しろ骨折したのは人生初だったので、カルシウムを摂ればいいものだと思ってましたが、コラーゲンなんですね。コラーゲンってお肌にいいって事は知ってましたが、骨折の時にも効果があるんですね。

スポンサーリンク

骨はカルシウムとコラーゲンからできている

骨はカルシウムだけでできている訳ではないんですね。

骨を鉄筋コンクリートの建物に例えると、カルシウムがコンクリート(セメント)で、コラーゲンが鉄筋に当たるそうです。

鉄筋(コラーゲン)が古くなると、建物自体(骨)が不安定になります。

ですから、加齢とともに骨がもろくなり、ちょっとの衝動で骨折してしまいます(僕は歩いていて、穴に落ちるという漫画のような強い衝撃を受けましたが)。

コラーゲンとは

コラーゲン(英語: collagen、ドイツ語: Kollagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、食品、化粧品、医薬品など様々に用いられている。


コラーゲン – Wikipedia

そう、コラーゲンといえばお肌にいいっていう事しか知りませんでした。特に骨折して調べるまで普通の人は知らなかった方も多かったんではないでしょうか(僕もそうです)。

コラーゲンを多く含む食品としては、プルプルしている食べ物、鳥の手羽先や軟骨、フカヒレ、牛スジ等に多く含まれています。

コラーゲンと亜鉛とアルギニンの関係

ところで、こちらのサイトで紹介しているアルギニンには、コラーゲンの合成を促進する働きがあるそうです。

アルギニンって何に効果があるの? L-アルギニン5000プラス
僕とアルギニンとの出会いはっきりと覚えてはいないんですが僕とアルギニンの出会いは、、、確か「質のいい睡眠」だったと思います。朝起きても目覚めは今ひとつで、これはアカン!って事でアルギニンに出会ったと思います(記憶は曖昧…)。アル...

また亜鉛は、コラーゲンを生成するコラゲナーゼという酵素を活性化する働きもあり、コラーゲンとともにアルギニンや亜鉛を摂取するとより効果を発揮するようです。

亜鉛のパワー 亜鉛ってすごい! 贅沢亜鉛牡蠣のチカラα
亜鉛って何?みなさん亜鉛と聞いてどんなことをイメージしますか?亜鉛って金属のやつ?元素記号はZn?って思ってる人も中にはいらっしゃるかもしれません。実は様々な効能を持つ必須ミネラルの一つなんです!亜鉛が不足すると色々な症...

コラーゲンは骨と骨を繋ぐ関節にも効果を発揮

またコラーゲンと骨との関係に戻りますが、先述したようにコラーゲンはプルプルした食品に多く含まれています。ですから、骨と骨を繋ぐ関節にも影響します。コラーゲンを積極的に摂取することによって、関節軟骨の弾力性をしっかり維持することができ、結果関節痛などの症状にも効果を発揮します。

コラーゲンと骨は密接な関係がある

そうです。僕自身が骨折するまで知らなかったんですが、コラーゲンって骨との関わりに大きな影響があるんです。僕も実際、骨折の先輩から聞いて毎日コラーゲンをサプリで摂取しています。骨折された方だけでなく、関節痛に悩んでいる方は是非摂取することをオススメします。実際、僕は初期のリハビリの時、トレーニングをしている時、関節がポキポキなっていましたが今は気にならなくなりました。骨の鉄骨であるコラーゲンを強化することによって治癒期間も短縮されますよ。

スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました