早くもGPD P2 MAXの一般予約販売がデントオンラインで開始!クラウドファンディング中に国内正規販売店で予約購入できる!

クラウドファンディング中のGPD社の8.9インチ液晶搭載次世代モデル、GPD P2 MAXが、早くも国内正規代理店デントオンラインで予約販売が開始されました。

目次

Indiegogoでのクラウドファンディングはなんだったのか

まだまだクラウドファンディングが続くGPD P2 MAXですが、国内正規代理店デントオンラインでも予約販売が開始されました。

日本から出資した方は、今どのように思っていらっしゃるんでしょうか。

クラウドファンディング中に日本で予約販売開始

クラウドファンディング開始から2週間ちょっとでの、国内での予約販売開始です。

CHUWI MiniBookはクラウドファンディング中に、どんどん製品がアップグレードしていきましたが、GPD P2 MAXは製品のスペックと価格に変動はありませんでした。

デントオンラインショップでの気になる予約販売価格は

デントオンラインでの予約販売価格は日本円で、8100Yのブラック(グレー)が77,769円(税抜き)で、3965Yのシルバーが58,797円(税抜き)となっています。

下図は、Indiegogoのクラウドファンディングサイトでの価格を日本円にしたものです。デントオンラインの価格は税抜きですが、それほど金額が変わらないことが分かります。

Indiegogoでの8100Yモデルは75,925円
Indiegogoでの3965Yモデルは57,130円

Amazonのページも公開されました。

ところで、デントオンラインショップのツイートによる、下記の「SNS限定クーポン」を適用すると販売価格より2,000円オフとなるそうです(予定数完了次第終了)。

そうなってくると、クラウドファンディングとデントオンラインショップでの予約購入価格とでは、ほぼ税金の差ほどしか違いがないということになります。

商品の発送は2019年9月中旬から

デントオンラインショップによると、9月中旬から末ごろとなっています。

Indiegogoでのクラウドファンディングの方も9月を予定しているそうですから、ほぼタイムラグなし(2週間くらい?)で国内正規販売店でGPD P2 MAXを手に入れることができます。

デントオンラインショップのGPD P2 MAXの特典は

Indiegogoでのクラウドファンディングでは、特典としてUSBポートLEDライトと蛍光日本語対応キーボードステッカーがもれなく付属しますが、デントオンラインショップの特典は下記の通りです。

GPD Pocket2 Max 本体 × 1

専用ACアダプター × 1

充電USBケーブル × 1

保証書兼仕様説明書(日本語・英語・中国語対応) × 1

GPD Pocket2 Max専用液晶保護フィルム × 1

Three Oneマイクロファイバークロス × 1
リカバリ用USBメモリ × 1(リカバリイメージが別途提供の場合のみ付属となります)
日本語オンラインマニュアル提供予定
※付属品内容は予告なく変更される場合がございます。

https://www.dentonlineshop.com/product-page/gpd-pocket2-max-8-9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81-corem3-8100y%E6%90%AD%E8%BC%89-16gb%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA-512gb-m-2-nvme-ssd

デントオンラインさんといえばGPDシリーズのアクセサリをたくさん販売しています。上記では、液晶保護フィルムとなっていますね。「Screen Guardian」とは違うのでしょうか。いずれにしても、クラウドファンディングよりも特典は豪華ですね。

また、リカバリ用USBメモリも初期化の際に非常に役立ちます。

なぜGPD P2 MAXはクラウドファンディングを実施したのか

Indiegogoでクラウドファンディングを開始する理由は、P2 Maxの研究開発費、金型および材料の購入費が非常に高いためです。私たちが集めたお金はすべてこの製品の大量生産に使われます。この製品は、ハイエンドのビジネスやモバイルオフィスに新しい経験をもたらし、Ultrabookを再定義するものと確信しています。うまくいけば、あなたはこのプロジェクトをサポートすることができます!

https://www.indiegogo.com/projects/gpd-p2-max-the-world-s-smallest-ultrabook#/

やはり、UMP(ウルトラモバイルPC)の研究費用は、高額になるのですね。

GPD P2 MAXはクラウドファンディングで成功を収め、早くも一般予約販売が開始されたということでしょうか。

One Mix 3シリーズは一足先に日本正規代理店テックワンから予約販売が開始されています。

One-Netbook社は資金が豊富で、クラウドファンディングなしで開発ができるのでしょう。

いずれにせよ、今回のGPD P2 MAXはかなり早い段階で一般予約販売が開始されました。geekbuyingでの予約販売も近いうちに開始されるかもしれません。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる