亜鉛とお酒と肝臓の密接な関係 肝臓に負担かかってませんか? 贅沢亜鉛牡蠣のチカラα

お酒をたくさん飲む方は、普段から亜鉛が不足しているかもしれません。

お酒をたくさん飲むと、肝臓に負担がかかり、亜鉛の消費量が多くなります。

肝臓がアルコールを分解する速度は、日本酒1合(ビール大瓶1本、ワインならグラス2杯)に3~4時間と時間がかかります。

お酒を飲むときに体内に摂取するアルコールの分解には、さまざまな栄養素が必要ですが、その中でも亜鉛の消費量が特に多くなります。

スポンサーリンク

肝臓の働きが追いつかなくなると

大量のアルコールを摂取すると、肝臓は本来の働きである栄養素の分解や合成をするよりも、アルコールの分解を優先します。

そのため、新陳代謝に必要な亜鉛が不足し、肌荒れ、爪・皮膚の異常が発生します。

亜鉛が不足すると肌荒れの原因に
スポンサーリンク

発汗や排尿による亜鉛の消費

亜鉛はまた、発汗や排尿からも大量に消費します。

激しい運動による発汗や、特に排尿を促進するアルコールを摂取している時に、亜鉛は尿とともに大量に消費されます。

アルコールを摂取するとトイレが近くなりますよね?

それが尿から亜鉛を大量に消費している原因のひとつになっています。

スポンサーリンク

肌荒れや爪・皮膚の異常を感じる方は亜鉛不足の可能性が

亜鉛は成人で体内に2000mgほど蓄えています。

ただ食生活の乱れや極端なダイエット、アルコールを大量に摂取するなどで亜鉛はどんどん不足し、肌荒れや爪・皮膚の異常を発症させます。

亜鉛が不足すると色々な症状が発生します。

亜鉛不足で生じる症状や、亜鉛を多く含む食品についてはこちらをご覧ください。

ただ、上記の記事にもありますように、食品から毎日必要な亜鉛を摂取することは難しいです。

スポンサーリンク

亜鉛はサプリから摂取

普段からお酒を飲む方は、サプリから亜鉛を吸収する必要があります。

亜鉛は体内で生成できないミネラルの一種です。

不足すると肝臓に負担がかかり、肌荒れの原因や爪・皮膚の異常を発生させますので、しっかり毎日摂取することで美容に役立ちます。



スポンサーリンク

亜鉛不足の症状に心当たりのある方へ

亜鉛不足だと心当たりのある方は、この機会に毎日簡単に亜鉛を摂取できる「贅沢亜鉛牡蠣のチカラα」、いかがでしょうか。

自分は毎晩、寝る前に3粒飲んでいます。体はすごく元気ですよ。
瀬戸内海産牡蠣エキス+マカ+高麗人参配合【贅沢亜鉛 牡蠣のチカラα】

亜鉛の効果はまだまだたくさんありますので、そちらはまた後日紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました