噂の7インチ液晶搭載ブラックボディのUMPC「Peakago」が2019年11月13日にIndiegogoでクラウドファンディング開始!価格はなんと300ドル以下!

噂の7インチ液晶搭載&ブラックボディ&simスロット搭載の「Peakago」がついにクラウドファンディングされます。

2019年11月13日、Indiegogoでほんとにいよいよクラウドファンディング開始決定です。

Peakagoからのメールによると、プロトタイプのレビューを受けて、更なる製品の向上を考えて、クラウドファンディングの開始を延期していていたそうです。

目次

価格はなんと300ドル以下でのクラウドファンディング!

下記の画像を見る限り、10の位が伏せられていますが、最大でも299ドルですから非常にお安い価格となっています。

価格は200ドル代

最近の主流は液晶サイズ8インチ強となっていますが、果たして7インチ液晶搭載UMPCの「One Mix 2s」や「1s」、「GPD Pocket 2」のライバルとなるのでしょうか。

7インチ液晶搭載「Peakago」の現在判明している基本スペックは

7インチ液晶搭載「Peakago」の現在判明しているスペックを「One Mix 1s」と比較しています。

スペックPeakagoOne Mix 1s
CPUAtom Z8350Celeron 3965Y
ストレージ128GB(種類は不明)128GB(PCIe接続SSD)
メモリ8GB8GB
液晶サイズ7インチ7インチ
液晶解像度1920 x 12001920 x 1200
サイズ181 × 113 × 17mm182 × 110 × 17mm
質量539g518g
バッテリー容量4500mAh6500mAh

スペック上はCPUと、おそらくストレージに関しても「One Mix 1s」に劣ると思われますが、その他のスペックはほぼ同等となっています。

Peakagoのスペック

「One Mix 1s」も高性能でありながらコストパフォーマンスに優れたUMPCです。

「Peakago」の魅力はMicro simスロット搭載とブラックボディ!


CPUに不安のある「Peakago」ですが、価格とともになんと言っても魅力は「Micro sim」スロットを標準で搭載していることですね。

「Peakago」の各種スロット

今後発表されるUMPCでは、simスロット搭載が大きな強みになっていきそうですね。

ほんとに筐体デザインは「One Mix 2s(1s)」にそっくりですね。ブラックボディも申し分ありません。

でもやはり「Micro sim」スロットの搭載が大きな魅力ですね。

海外のサイトでは、プロトタイプのさまざまなレビューが

海外のサイトではプロトタイプを提供された方からの「Peakago」のレビューがあります。

やはり7インチ液晶搭載ですから、軽量であることをアピールしています。

我々はPEAKAGOキャンペーンを開始する前に、我々は我々のプロトタイプのテストをたくさんやったし、我々は200のPEAKAGOのプロトタイプを製作し、多くの専門性の高い技術審査にそれらを送りました。 多くのレビュアーは、それは本当に便利で軽量、超クールだと思います。 一方で、彼らはまた、私たちが最終製品に改善する必要がプロトタイプとスペック上の貴重な提案を行いました。

Peakagoメーリングリストより(Google翻訳済)

下の映像では、初代GPD Pocketとの比較のレビューもしています。

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる