お酒を飲むとなぜ顔が赤くなるの?すぐ顔に出るのには訳がある アセトアルデヒドをもとから断つ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

忘年会・新年会と肝臓に負担がかかるシーズン

みなさん、忘年会のシーズンですが、暴飲暴食大丈夫ですか?

僕は暴飲はしますが暴食はしません。肝臓の数値も、肝パワーのおかげでずっと正常値を保ってます。

そんなに飲んでないのに顔が赤くなる

ここ数年なんですが、そんなに飲んでないのに、すぐ顔が赤くなって困ってます。以前は飲んでも飲んでもあんまり顔に出ないタイプで、結構飲まされてたんですが、今はすぐ顔に出るようになりました。そこで、顔が赤くなる原因と対策を調べてみました。

なぜお酒を飲むと顔が赤くなるのか

お酒を飲むと、肝臓がアルコールを分解することによって、アセトアルデヒドが発生します。このアセドアルデヒドが顔を赤くする原因です。

アセトアルデヒドについてはこちらをどうぞ。

アセトアルデヒドは血液中で増加し、血管を拡張させることによって血流を良くし、結果顔が赤く(人によっては全身も)なります。

自分はお酒が強いのになんで赤くなるのか

顔が赤くなるのはお酒に弱い人じゃないの?自分はお酒に強いのにって思っている方も多いと思います。自分もそう思ってます。

お酒で顔が赤くなる人は、遺伝子による影響もあるそうです。

僕はこのアルコール感受性遺伝子検査キットで検査したら、「つい飲み過ぎてしまう大酒飲みタイプ」でした。

僕の友人も、全く同じタイプでしたが、やはりお酒を飲んだら顔に出て、気にされています。

結局対策はあるの?

肝機能を高めることによって、アセトアルデヒドの分解を早めることができます。肝機能を高める方法の一つに、サプリによる摂取があります。

しじみで有名なオルチニンは、肝機能を高めてくれます。

また、アルギニンは、オルニチン回路の一つとして、アンモニアの解毒に関わっています。その働きにより、血管を広げ、血流の改善に役立ちます。

もちろん、僕の一押し「肝パワー」は肝臓の機能を正常値にしてくれます。

ただ、顔が赤くなるのは遺伝子的な部分も多いので、効果はありますが根本的な対策にはならないかもしれません。

直接アセトアルデヒドに働きかける

肝臓を正常に保つことも対策の一つです。しかし、顔が赤くなる原因のアセトアルデヒドに直接働きかける方法があります。アセトアルデヒドを早く分解するために、直接アセトアルデヒドに働きかける酵素の力を借りる方法がより効果的です。

アセトアルデヒド脱水素酵素ALDH2を増やすことによって、顔も赤くならず、結果、辛い二日酔いの低減になります。

「キューピー よいとき」の酢酸菌がアセトアルデヒドに働きかける

キューピーと酢酸菌」のページからの引用です。

酢酸菌の表面には「アルコール脱水素酵素」と「アルデヒド脱水素酵素」という2つの酢酸菌酵素が存在します。1つ目の酵素でアルコールを分解してアルデヒドをつくり、2つ目の酵素でアルデヒドを分解して酢酸をつくります。
この2つの酢酸菌酵素の働きにより、酢酸菌はアルコールを酢酸に変換することができるのです。

これですね。酢酸菌がアセトアルデヒドに働きかけます。アルコールを分解してできるアルデヒドを、酵素の働きで分解して酢酸に変換します。結果、アセトアルデヒドは無毒な酢酸になり、肝臓に吸収されます。

顔を赤くする原因をもとから断つ!

酢酸菌の働きで、顔を赤くする原因のアセトアルデヒドを早く分解することによって、二日酔い防止はもとより、顔を赤くする原因をもとから断つことができます。

いかがでしたか?アセトアルデヒドを早く分解することで、お酒と楽しく付き合うことができます。肝臓やアセトアルデヒド対策を万全にして、この忘年会・新年会シーズンを乗り切りましょう!

スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました