え、Magic-Ben社のUMPC MAG1のCore i7-8500YモデルがAmazonで販売されている! 限定モデル!

先日何気なくAmazonを見ていたら、なんとあのMagic-Ben社初のUMPC「MAG1」の限定モデル、Core i7-8500Y搭載の上位モデルがAmazonで販売されていました。

Magic-Ben「MAG1」がAmazonで販売開始! コンパクト&ブラックボディの8.9インチ液晶搭載UMPC 専用液晶保護シートとケースも販売中
「OneMix3 Pro」を購入しようか迷い中にふとAmazonの「OneMix3 Pro」のサイトを見ていたらなんとMagic-Ben社の8.9インチ液晶搭載UMPC「MAG1」が関連商品にありました。OneMix3 Proの関...
スポンサーリンク

AmazonでのみCore i7-8500YモデルのMAG1が販売中

まだ本家サイトやgeekbuyingでも発表・販売されていません。

MAG1_神奇小本_迷你笔记本_超极本_口袋电脑_神奇小本官网
提供神奇小本笔记本电脑最新资讯与动态,神奇小本专为商务出差人士提供个性化的迷你便携笔记本电脑(UMPC),小巧便携但性能出众,满足用户移动办公、学习、娱乐等。
Magic-Ben MAG1 4G LTE Pocket Laptop 8.9" IPS Touchscreen 2560*1600 Intel Core m3-8100y 16GB Memory 512GB SSD Full metal Slim body Ultra Light Backlit Keyboard Fingerprint Window 10 - Black
JPY 98648 Free Shipping, Wholesale Price, Magic-Ben MAG1 4G LTE Pocket Laptop 8.9 IPS Touchscreen 2560*1600 Intel Core m3-8100y 16GB Memory 512GB SSD Full metal...

Amazonだけでのまさに限定モデルとなっています。

下記がCore i7-8500Y搭載、メモリ16GB・ストレージNVMe(PCIe)接続SSD512GB・LTEモデルとなります。

価格は税込129,300円となっています。

高性能Intel Core i7-8500Y プロセッサ搭載

ちなみにCore m3-8100Y搭載、LTEモデルはこちらです。

税込価格109,500と、CPUの違いでほぼ20,000円の価格差があります。

スポンサーリンク

性能の差と価格差とのコストパフォーマンスの差は?

搭載CPUがm3-8100Yからi7-8500Yにスペックアップしたことで価格は20,000円高価になりましたが、その価格差に見合うパフォーマンスもアップしているのでしょうか。

PassMark - CPU Comparison Intel i7-8500Y vs Intel m3-8100Y

上記のサイトによると、Intel Core m3-8100YのCPU Markが「3447」に対し、Intel Core i7-8500Yは「3873」となっています。単純計算で、スコア上ではi7-8500Yが12%増となっています。

定格クロックと最大クロックの違いを見れば性能差は明らかです。

i7-8500Ym3-8100Y
定格クロック1.5GHz1.1GHz
最大クロック4.2GHz3.4GHz

ただIntelモバイルプロセッサ第8世代、Amber Lakeですから性能とバッテリーの持ちとのトレードオフになるのではないでしょうか。

One Mix 3sに続いてOne Mix 3s Platinum Editionもgeekbuyingでプレオーダー開始! 3モデルがそろい踏み!
昨日のOne Mix 3sのプレオーダーに続いて、ついにPlatinum Editionもプレオーダーが開始されました。次世代モデルOne Mix 3の3モデルがそろい踏みで、みなさんはどのモデルに興味がありますか?...
スポンサーリンク

Magic-Ben社 「MAG1」の魅力

Magic-Ben社「MAG1」の魅力は8.9インチ液晶搭載でありながら狭いベゼルとコンパクトな筐体サイズです(あとブラックボディも)。

ブラックボディのMAG1

同じく8.9インチ液晶を搭載し、タッチパッドを採用している「GPD P2 MAX」よりも非常にコンパクトになっています。

タッチパッドを採用しながらも筐体サイズのコンパクト化を実現しています。

スペックMAG1GPD P2 Max
CPUCore i7 8500Y/Core m3 8100YCore m3 8100Y/Celeron 3965Y
液晶サイズ8.9インチ8.9インチ
液晶解像度2560 x 16002560 x 1600
メモリー8GB/16GB8GB/16GB
ストレージPCIe SSD 256/512GBPCIe SSD 256/512GB
質量690g680g
バッテリー容量8,600mAh9200mAh
本体サイズ207 x 146 x 17mm213 x 149.5 x 14.2mm
噂のGPD P2 MAXのライバル、Magic-Ben社のUMPC「MAG1」 の動画を公式に入手! 動画で見る「MAG1」の魅力
Magic-Ben社から、噂のブラックボディで8.9インチ液晶搭載とまるで「GPD P2 MAX」のライバルである「MAG1」のプロモーションビデオを公式にいただきました。今回は「Magic-Ben社」制作のプロモーションビデオで...
MAG1 vs GPD P2 MAX

GPD P2 MAX搭載比較すると、キーピッチもですがベゼルの薄さが際立ちますね。

スポンサーリンク

MAG1は4G(LTE)標準搭載も非常に魅力的

MAG1は、他の8インチ超液晶搭載UMPCにはない、4G(LTE)に対応している点も非常に魅力的ですね。

ブラックボディの8.9インチ液晶搭載 Magic-Ben社「MAG1」がLTE(4G)に正式対応モデルを発表・販売開始!
本日、Magic-Ben社からメールをいただき、8.9インチ液晶搭載のMagic-Ben社初のUMPC、「MAG1」は正式にLTE(4G )に対応可能で、LTE(4G)に対応した新しいモデルをgeekbuyingで販売開始するとの連絡をい...

Micro SIM標準搭載で7インチ液晶UMPC、「Peakago」がクラウドファンデイングを開始したときには、その価格の安さとともにSIMスロット標準搭載で注目を浴びました。

ついに始まった7インチ液晶&simスロット搭載&ブラックボディの「Peakago」 8インチ強液晶搭載UMPC全盛の中、新たな風を吹かすことができるのか?
当サイトでも、ずっと情報を追いかけていた7インチ液晶搭載&simスロット標準搭載&ブラックボディの「Peakago」のクラウドファンディングが日本時間2019年11月13日20時、ついに開始しました(予告時間の20時前から始まっていました...

現在販売されているUMPCの中で、4G(LTE )を搭載できるとメーカーが公言しているUMPCは、MAG1と先のPeakagoとメモリ8GB搭載であるOneMix3 シルバーだけになります。

先日発表された「One Mix 3s +」は8GBメモリ搭載でありながら空きM.2モジュールがないとのことで4G(LTE )モジュールの実装は難しいそうです(One-Netbook社の担当者談)。

One Mix 3s+(プラス)! Core i3-10110Y搭載のコストパフォーマンス抜群のモデルがgeekbuyingで発売中
One-Netbook社の勢いは止まりません。Intel第10世代モバイルプロセッサ搭載、One Mix 3シリーズに新モデルです。Core i5-10210Y搭載の「One Mix 3 Pro」、Core i7-10510Y搭載...
スポンサーリンク

Magic-Ben社は日本市場の開拓に意欲的

geekbuyingでの販売よりも日本のAmazonでCore i7-8500Yを発表したMagic-Ben社ですが、日本市場の拡大に意欲的です。

遠くない未来に日本正規販売代理店と契約を締結し、「MAG2(仮称)」を発表するのではないでしょうか。

今回のCore i7-8500Yを搭載した最上位モデルですが、Magic-Ben社の担当者の方に問い合わせたところ、日本のAmazonでのみの限定販売とのことでした。

PDA工房がすごい! 各種UMPCの液晶保護シートが充実 CHWUI Minibook、Magic-Ben MAG1、GPD P2 MAXやもちろんOneMix3シリーズも 各12種類の保護シートから選択可能!
PDA工房といえば、昔「Palm OS」(知ってます?)という、まさにPDAが脚光を浴びている当時、自分はSonyの「CLIE」を利用していて、その際に初めてPDA工房さんの液晶保護シートを購入しました。携帯情報端末(けいたいじょ...

また今後、Magic-Ben社から新たな動きがありましたら記事にしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました