花粉症はある日突然に 今まで関係ないと思っていたあなたも花粉症に悩む可能性がある! 花粉症への対策と効果のある食品とサプリについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

苦しくて辛い花粉症とは

インフルエンザが猛威を振るっているこの時期。でもそのあとにやってくる花粉症の季節も、もうすぐです。インフルエンザはかからない年もありますが、花粉症の症状のある人は、毎年悩まされますね。

インフルエンザにかかる人とかからない人がいる? 僕はかかったことがない人 その理由と対策を3つ紹介します!
僕は一度もインフルエンザにかかったことがない人の一人インフルエンザが流行っています。でも僕は、今まで一度もインフルエンザにかかったことがありません。40数年生きてますが、記憶にないです。先日も会社の同僚が数人、さらにはいつ...

アレルギー性鼻炎のうち,特に花粉の飛散期である春と秋に限定して起きるものをいう。普通のアレルギー性鼻炎の場合,日本では主に室内塵 (ハウスダスト) やそれに含まれるコナダニ,チリダニが抗原となるが,花粉症ではスギ花粉やブタクサ花粉,稲科植物 (カモガヤ,オオアワガエリなど) の花粉が原因となってI型アレルギー (免疫グロブリンの一つである IgE抗体が関与する反応) を起す。くしゃみ,鼻水,鼻づまりのほかに,眼,皮膚,のどなどにも発赤や腫脹が起り,さらに全身症状や気管支喘息を随伴する。花粉の飛散期を過ぎると突然,症状は消失する。

花粉症(かふんしょう)とは – コトバンク

日本で花粉症の原因となる花粉の種類

一言に花粉症といっても、さまざまな種類の花粉によって花粉症は発症します。日本人で、花粉症の症状に悩まされている方の多くは、スギ花粉によるものです。日本では、2月~4月頃までスギ花粉が飛散するため、スギ花粉で悩まされている方は、この時期は非常につらいですね。

咳が止まらない!咳をするタイミングによっては腰を痛めることも 自分の咳の種類を知って傾向と対策を
咳が止まらないときありますよね。風邪でもないのに咳が止まらないとき、どうやったら止めることができるのか。また、タイミングによっては咳のショックで腰を痛めたり、ぎっくり腰のようになったりとか僕も経験があります。そんな状態で咳をするときは、必...

ところで、日本で最も多いスギ花粉による花粉症ですが、海外ではそれほど多いわけではないようです。海外では、日本ほどの症状は起こりません。ですから、スギ花粉の時期には海外に行けば症状に悩まされることもないなどの話もあります。ただ、そんなに都合よくその時期だけ海外に行くことは(普通の人は)ほぼ不可能ですよね。

スギ花粉による花粉症が圧倒的に多いですが、次いでヒノキ、ブタクサの花粉による花粉症に悩まされている日本人も多く存在します。

花粉症はある日突然に

花粉症に悩まされている日本人は、約4割とか、4人に1人とか言われていますが、僕は今まで花粉症に悩まされたことはありません。僕の周りでも、あまり花粉症に悩まされている友人は多くないです。ところが、今まで花粉症とは無縁だった友人が、昨年から突然花粉症になりました。環境が変わると、今まで経験していなかった方にも突然発症することもありますので、今まで症状がなかった方も花粉症に対しての対策や注意をする必要があります。

花粉症対策はマスクとアウターから

やはり、花粉を吸いこまないようにするためには、マスクが第一に重要です。マスクでも、インフルエンザ予防用マスクと花粉症用マスクで違いがあります。インフルエンザウイルスよりも花粉の方が粒子が大きいので、用途によって使い分けが必要です。

また、コート類も花粉が付着しにくい素材を選ぶようにしましょう。特に、ウール素材は花粉を吸収する素材ですから、避けるのが賢明です。表面がツルツルしているナイロンやポリエステル素材を選ぶようにしましょう。そしてできるだけフードのついていないコートを選択することも重要です。また、静電気を抑え花粉の付着を防ぐ、衣類に直接スプレーする商品を利用する事も効果的です。

花粉症に効果のある食品

花粉症に効果のある食品として、ヨーグルトに代表される発酵食品や乳酸菌飲料があります。即効性のある薬のようなものではないですが、毎日摂取することにより効果が高まります。花粉症はアレルギーの一種ですから、アレルギーを緩和するために、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」などの善玉菌を摂取することで、腸内環境を整えることができます。その結果、花粉症に対するアレルギーの軽減が期待されます。

花粉症に効果のあるサプリ

また、青魚に多く含まれるオメガ3脂肪酸( αリノレン酸 ・DHA・EPA)に、花粉症の症状であるアレルギー性結膜炎を軽減させる効果があります。

オメガ3脂肪酸がアレルギー性結膜炎を改善させるメカニズムを発見

オメガ3脂肪酸を毎日摂取で脳の活性化! クリルオイル 極上クリル
オメガ3脂肪酸とはオメガ3脂肪酸とは、えごま油に代表される植物油に多く含まれるαリノレン酸、青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの脂肪酸のことです。(えごま油)オメガ3脂肪酸...

オメガ3脂肪酸のうち、DHA(ドコサヘキサエン酸)には、脳の活性化だけでなく、皮膚アレルギー反応を緩和・予防する効果があります。いわゆるオメガ3脂肪酸の効果は広く認知されていますが、花粉症に効果があるというのは初めて聞く方も多いでしょう。オメガ3脂肪酸を多く含むサプリとしては、クリルオイルが有名です。

オメガ3脂肪酸を多く含むクリルオイル 血液サラサラ 美肌効果に! 極上クリル
オメガ3脂肪酸の主な成分の一つ、EPA(エイコサペンタエン酸)先日、オメガ3脂肪酸を多く含むクリルオイルを紹介しました。今回は、オメガ3脂肪酸の主な成分であるαリノレン酸、EPA、DHAのうち、血液サラサラ・美肌に効果があるEP...

クリルオイルは、オメガ3脂肪酸を多く含み、フィッシュオイルより体内に吸収しやすいサプリです。クリルオイルは、DHA・EPAの含有量がフィッシュオイルの約48倍と言われています。また水に溶けやすく、いわゆる魚臭さを感じることもありません。

花粉症はつらいもの 万全の対策で乗り切るために

花粉症はつらいです。花粉症の季節の間は、思考力も低下し、外出したり行動したりする機会も減ってしまいます。花粉症の症状のある方も、経験したことがない方も「花粉症は突然に」あなたにも起こりうるアレルギーです。日ごろからアウターや食品、サプリをしっかり摂取して万全の対策で、花粉症の季節を乗り切りましょう!

特にオメガ3脂肪酸を多く含むクリルオイルは、健康維持に欠かせないサプリです。ぜひ、一度試してみてください。継続して摂取ことによって、効果ははっきりとわかります。

スポンサーリンク
健康・サプリ
スポンサーリンク
リーダーの独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました